アサヒのグルコサミン・コンドロイチン含有の副作用に注意しよう

グルコサミンサプリメントの定番のひとつである、アサヒ「グルコサミンコンドロイチン含有」。サプリメントなのでほとんど副作用のリスクはありませんが、全くないとは言い切れません。そこで今回はアサヒ「グルコサミン コンドロイチン含有」の副作用について考えてみたいと思います。

 

カニ、エビアレルギーに注意

アサヒ「グルコサミン コンドロイチン含有」に使用されているグルコサミンは「エビとカニ由来」のものとなっています。これはほとんどのグルコサミンサプリメントに共通していることです。そのため、エビアレルギー、カニアレルギーの人は接種を控えたほうが良いでしょう。

 

大量摂取による副作用

アサヒ「グルコサミン コンドロイチン含有」だけに限った話ではありませんが、グルコサミンサプリメントは一度に大量摂取してしまうと一時的に副作用が現れることが報告されています。

 

具体的には「消化器官の機能低下」です。例えば消化不良を引き起こしたり、胃もたれ、胸やけ、ゲップなどが挙げられます。人によっては軟便、下痢、便秘といったお通じ関連の副作用が出ることもあるようです。

 

どうしても普段は大量に摂取することのない栄養素ですので、私たちの体はこれらを完璧に消化・吸収することができません。ゆえに一時的な大量摂取によるこれらの症状が現れる場合が報告されています。

 

と言っても、アサヒ「グルコサミン コンドロイチン含有」の1日あたりの目安量は6粒になっています。これをきちんと守っていれば、まず副作用が出る心配はしなくても大丈夫でしょう。

 

過去に他のグルコサミンサプリメントなどでこれらの副作用が見られた場合は、飲む量を調整することをオススメします。推奨量は1日6粒となっていますが、最初の内は3粒くらいを目安にしてみて、少しずつ慣れてきてから量を増やしていく、といった風な工夫を加えてみましょう。

 

アサヒ「グルコサミン コンドロイチン含有」はサプリメントですので、医薬品のような副作用が見られることはまず心配しなくて大丈夫です。しかし、やはり体質やアレルギーなどによって副作用が出ることも考えられるので、その点はしっかりと注意しておきたいところです。

 

万が一副作用が見られた場合は直ちに使用を中止して、それでも症状が治まらない場合、あるいは激しい副作用が見られる場合はすぐにお医者さんに相談しましょう。