ペットの犬にいつまでも元気でいてもらうためにグルコサミンを飲ませよう

犬や猫などのペットも年齢を重ねるにつれて人間と同じように関節に不安を覚えるようになります。人間のように言葉で伝えられるわけではないので、かなり重症化してから、あるいはまともに動けなくなってから発覚することも多々あります。特に犬の場合は日頃からお散歩に出かけなくてはならないので、関節痛による外出ができない状態はかなり致命的です。

 

人間の場合だと、関節に負担が掛からないように色々な対策を取ることもできます。また自分自身が気をつければかなり負担を軽減できることもあります。しかしペットの場合だとそういうわけにもいきません。だからこそ、普段からグルコサミン配合のサプリメントなどを与えてあげるのが良いと注目されています。

 

ただ、犬(ペット)にどのようなグルコサミンサプリメントを上げれば良いのか分らない方もたくさんいるでしょう。実はペット用の商品がたくさん販売されています。しかし、手軽に購入できるわけではありませんし、何よりコストがかなり高めになっているのも悩みの種です。では、普段自分なもんでいる人間用のグルコサミンサプリメントは飲めないのでしょうか。

 

人間用とペット用はほぼ同じ内容

グルコサミンサプリメントも商品によって特徴がありますが、シンプルなもの…例えばアサヒ「グルコサミン コンドロイチン含有」と言ったグルコサミンやコンドロイチンなどの関節に脅威と言われている成分だけが含まれているタイプのサプリメントなら犬に与えても良いと言われています。

 

その理由は、人間用とペット用のグルコサミンサプリメントの内容をほとんど同じだからです。どちらもグルコサミンやコンドロイチンが主原料となっています。何が違うのか、というと含有量だったり、配合バランスだったり、といった点です。しかしこれもよくよく調べてみると大体同じだったりします。

 

犬の大きさにもよるのですが、中型犬の場合だと大体成人男性の半分程度の摂取量でちょうど良いと言われています。ですので、1日あたり500mgくらいを目安に考えてサプリメントを与えてあげるのが良いでしょう。

 

問題は味

人間の場合だと「グルコサミンが関節に良い!」と分かっているのでサプリメントを普通に飲めます。しかし、犬(ペット)の場合はそうはいきません。えさの中に混ぜておいても上手く分けて結局食べてくれないことも多々あります。

 

ペット用のグルコサミンの場合だと、焼肉味、バーベキュー味といった風に味がつけられていることがあります。ですので、人間用のグルコサミンサプリメントを与えても良いのですが、なかなか食べてくれない、という場合はペット用のものを購入してあげた方が良いかもしれません。

 

副作用のリスクは?

人間用グルコサミンサプリメントをペットに食べさせて、それが原因で副作用が起こるリスクはないのでしょうか。実はほぼ副作用の心配はありません。例えば、一度に極端な量を与える、といった方法をとらなければの話です。たとえ人間でもグルコサミンを一気に過剰摂取してしまうと消化器官の機能低下などの副作用が見られる場合があります。これは犬も同じことです。

 

ですので副作用はあまり気にしなくても良いのですが、まれにアレルギー反応が現れる場合があります。犬はもともとカニやエビなどの甲殻類を食べる習慣はありません。そのため、これらにアレルギーを持っていることもあります(人間と同じで個体差があります)。

 

ですので最初は少量だけ与えて、特に副作用が見られなければ普通に与えるようにする、万が一副作用と思われる症状が出た場合は直ちに使用を中止。これを守っていれば対象です。

 

犬や猫などのペットは家族の一員です。はたから見れば「ペット」かもしれませんが、飼い主からすればただのペットではありませんよね。だからこそ長生きして欲しいですし、いつまでも元気でいて欲しいと思うのは当然だと思います。

 

できれば関節に何か悩みが現れる前からグルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントを与える習慣を付けておいたほうが良いかもしれませんね。歩けなくなってしまってからではなかなか改善させるのは難しいですし、人間のように豊富な関節痛対策グッズがあるわけでもありません。日頃からの予防・対策がなおさら重要になってきます。